FPの難易度は人それぞれ。決して「簡単」と甘く見ないこと


社会保険労務士の人気:顧問料という報酬が毎月あります

社会保険労務士の仕事は、「士業」の中で比べると有利な仕事だという意見があります。 「士業」という言葉は、響きはいいかもしれませんがその実態はなかなかシビアです。開業したものの失敗するリスクがある世界であることは周知の事実でしょう。

しかし、そんな過酷な現実がある中で見ても、社会保険労務士はほかの士業より有利な立場にあるのです。その原因は、顧客との契約形態や、顧客から受け取る報酬の体系にあります。

社会保険労務士の仕事には、単発の依頼を受けて動く分野(たとえば、労働法周辺の仕事、就業規則や助成金といった仕事なら、依頼が単発になることは多いでしょう)もありますが、その反対の分野のほうがずっと多いです。健康保険や年金関係の業務となると、その性質上長期的に携わる必要性が高くなります。

そこで、顧客の企業を長期的に担当するわけですが、こうなったらもう報酬は単発で払わないほうが正解でしょう。つまり、毎月一定の額の報酬を支払い続けるほうが理にかなっているのです。これは社会保険労務士にとって、「顧問料」といった名目の報酬になります。

社会保険労務士は、契約した企業から月に数万円の報酬を受け取ることが多いのです。月に数万円と言ったらたいした額に思えないかもしれませんが、毎月決まった収入を確保できることは、実際に活動してみるととてもありがたいものです。

このような顧問契約ができないとなると、単発の仕事ばかりでは数ヶ月後の収入がなかなか見えてきません。つまり、絶えず近い将来の収入を心配しながら働く羽目になってしまいます。社会保険労務士になったら、基本的にそのような不安を感じなくてよいわけです。

>>この勉強法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。