FPの難易度は人それぞれ。決して「簡単」と甘く見ないこと


社会保険労務士の人気:年収に夢があります?

社会保険労務士が注目される理由のひとつに、年収や収入面での期待感があるかもしれません。

実際に、メディアに登場する社会保険労務士の中には、堂々と自慢できるような年収を稼げている強者がほとんどのようです。
雑誌やTV、または講演会やイベントに顔を出して、専門的なコメントを残すようなベテランとなると、冗談ではなく1000万円を超える年収を手にしていても、不思議ではないでしょう。

もっとも、ごく一部の社会保険労務士だけを見て判断することは、よいことではありませんね。社会保険労務士全体の年収像を調べたほうが合理的です。

社会保険労務士の年収は、ときたまアンケートを通した調査が実行されているそうです。
それらのデータを利用すると、現職の社会保険労務士の年収は500~600万円くらいになりそうです。

1000万円レベルの著名な社会保険労務士が少人数混ざっていることを忘れないようにすると、この数字は暗示に満ちていますね。400万円以下の社会保険労務士が少なからずいることを感じさせます。

それでも平均して500~600万円の年収なら、独立や開業をして働く職業という前提に沿うならよいほうでしょう。何でもそうですが、独立型の仕事には失敗がつきもの。業種によっては、失敗すると簡単に債務を背負ってしまうパターンだって常識です。それと比べれば、平均年収額が500万円を超えるなら、少なくとも自立して生きていけるチャンスがわりと多いことを示しています

>>この勉強法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。