FPの難易度は人それぞれ。決して「簡単」と甘く見ないこと


社会保険労務士の人気:開業と勤務両方の機会があります

社会保険労務士が人気を集める理由に、働き方の幅が広いという事情があります。

社会保険労務士は「士業」の一種です。弁護士や会計士……といった仕事は、名称の末尾に「士」がつきますが、たいていの場合は自分の事務所を開いて活動します。社会保険労務士も開業して、独立した事務所を拠点として働くことが当たり前となっていますね。

しかし社会保険労務士の働き方は開業ばかりではありません。社会保険労務士には「開業型」のほかに「勤務型」の選択肢が設けられているのです。

勤務型の社会保険労務士とは、社会保険関係のコンサルティングや労働法の知識を活かした業務を、企業の中に入って実施します。企業の中に入るとは? ようするに、その企業に就職するわけですね。

社会保険労務士は、サラリーマンやOLとして勤めることが公式に認められている、珍しい士業だったわけです(税理士や中小企業診断士も、そうなのですが)。
社会保険労務士試験に合格したら、開業して普通の士業の働き方を選んでもいいですし、会社員(正社員)になりたいと思ったら勤務型で登録して、就職先を探せばいいわけです。

「自分の事務所をつくって独立したい」という夢には、確かに大きなステイタスがありますね。しかしそのいっぽうで、「一流の企業に就職して、定年まで勤務したい」という夢にも、負けず劣らず絶大なステイタスがあるものです。社会保険労務士は、働き方に関して「選択の自由」が保証されているというメリットがある資格だといえるでしょう。

>>この勉強法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。