FPの難易度は人それぞれ。決して「簡単」と甘く見ないこと


社会保険労務士の単発の講座とは

社会保険労務士の通信講座で、受験の後半にさかんに使われているタイプがあります。それは、単発の講座です。

社会保険労務士の講座は、基本的には受験範囲をくまなくカバーしたものになります。中身が濃くて、自分に合いそうな講座を選んだら、本試験の日までその講座で勉強するのが社会保険労務士受験の常識です。

とはいえ、それだけですべての合格者が受験に成功しているわけではありません。試験が近づくと、弱点対策のような作業を進めていく必要が出てきます。このときは、苦手科目に徹底的に取り組む機会を持つことが大事です。

そのような理由から、社会保険労務士でよく受験者が苦労する科目や範囲(たとえば、択一式問題等)に絞った講座が開講されています。特に、試験日が近くなるとどんどん開講される可能性があります。

単発の講座は、網羅している範囲が限定されていますから、料金はとてもリーズナブルになるのが常識です。数千円~1万数千円といった範囲で申し込めることが当たり前の世界です。これだったら、あまりコストのことを気にかけなくても大丈夫でしょう。

社会保険労務士の通信講座には、そのような気軽に申し込める種類があることも、早いうちから頭の中にとどめておいたほうがきっとあとで得をすることでしょう。

>>この勉強法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。