FPの難易度は人それぞれ。決して「簡単」と甘く見ないこと


社会保険労務士通信講座_フォーサイト型だと何がいいのか?

社会保険労務士の通信講座について、前のページまでにメジャーな講座を2つのタイプに
分けて紹介しましたが、ここでは比較的知名度が落ちるかもしれませんが、ほかにもまだ
受講者からの評判の高いタイプの通信講座があることも付け加えておきたいと思います。
通信講座は通学講座と違い、比較的業者が参入しやすいのですが、それらをよく調べると
かなりの成果をあげている社会保険労務士通信講座も見つけることができるのです。
ここではその代表例としてフォーサイトを紹介しましょう。

●フォーサイトで社会保険労務士を受講すると、勉強法はどうよくなる?
フォーサイトのような社会保険労務士通信講座は、あまり宣伝に大金を投じていないため、
通学講座と通信講座を併設する会社や、ユーキャンのような代表的な通信講座会社と比べて
一般的な認知度は高くありません。しかしそのために教材製作や受講者へのサービス等に
資金を多めに回すこともできます。フォーサイトはそれが成功した典型で、
一流の社会保険労務士通学講座に教材の使いやすさ・わかりやすさで負けていません
しかしユーキャンより受講料が安いことも見逃せません)。

フォーサイトの社会保険労務士通信講座はテキストや過去問題集、それからDVDやCDと、
使われる媒体は珍しいものではありませんが、それぞれの使い心地のよさがしばしば
評判になっています。
テキストの読みやすさ(どのページも、何色も使われていて読み心地がよい)や過去問題集の利便性(解答時間の目安が記載)やDVDの見やすさ(LECのような大手に匹敵する内容)を一気に味わえるため、必要なことを覚えたり問題演習・研究をしたりするときに
苦労しなくて済むともっぱらの評判です。

まとめると?
・受講料は安くても、よく広告で見かける大手の会社に負けないサービスを実施
・基本となるテキストや問題集が、初心者の勉強にとびきり適した体裁をとっている
・LECのような会社に引けを取らないDVDを制作している(が、LECよりずっと安い)

●フォーサイトで社会保険労務士を受講すると、スポイルされてしまう部分は? 
フォーサイトのような小ぢんまりとした通信講座会社にも、他の通信講座あるいは通学講座と比べて見劣りする面はないわけではありません。たとえば、ハローワークでやっている
教育訓練給付制度の対象になっていないこと(ただし、もともとの受講料が格安のため、
あまり必要性もありませんが)や、無料でできる質問の回数に限度があること
(その回数は30回となっているためそれだけでもじゅうぶんなのですが)等、
超大手ではない会社らしい弱点は探せば見つかります。

しかしこういった形で少し控えめながら初心者のことをよく考えて教材やサービスの選定に
励んでいる通信講座を選ぶほうが、社会保険労務士受験者の大半には何かと助かるものです。

まとめると?
・大手の会社がやっているサービスを、期待できないことが若干ある
・質問等の回数に制限がかかる可能性がある

>>この勉強法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。