FPの難易度は人それぞれ。決して「簡単」と甘く見ないこと


社会保険労務士の勉強法(初心者でもまねできる方法)

社会保険労務士の(まったくの)初心者のための勉強法を公開します
社会保険労務士という資格が花形資格になりつつある昨今、その勉強法を探す人たちが
多くなってきましたね。社会保険労務士は少し昔にさかのぼると地味な職業で、勉強法の
情報も限られていました。

では、今のような「社会保険労務士が将来性ある資格」として人気を呼び、
ネット文化の普及で情報入手が楽になった時代なら、社会保険労務士の勉強法の情報も
すぐ見つかるでしょうか? 残念ですがそんなこともないようです。
社会保険労務士の勉強法の情報、それもまったくの初心者に向いた情報となると
少ないか、または不充分な情報でいっぱいのようです。
ここでは他の情報源よりも一歩進んだ密度で社会保険労務士の勉強法を説明します。

●社会保険労務士の勉強法を探すときは、短期決戦することを忘れずに
社会保険労務士試験では、時間をだらだらとかけない勉強法を採用したいものです。
この試験は年に1回しかありません。不合格になったらもう1年辛抱させられるわけですね。
しかも厳しい倍率ですから、成功率の高い勉強法を最初から選ばないと社会保険労務士への
道のりは果てしなく遠いものになってしまいます。

※このほかにも激短合格を目指したほうがいい理由は多いですね。たとえば
 法律の改正等の影響があるため、毎年新しい情報を盛り込んだ教材を使う必要があります。
 不合格になったら、また新しい教材を買いそろえないといけないことになります。

初心者には社会保険労務士はどうしても難しく、初心者のことを深く想定した勉強法を
使わないと、おそらく破綻します。
基本的な勉強法の情報ならすでに紙媒体や口コミ、またはネット情報でも流れているようですが
ここではさらに踏み込んだ内容で、紹介していきたいと思います。

・勉強法をはじめ、社会保険労務士の情報の入手は、最新かつ信頼度の高いルートから
試験のための情報は日々刻々と発信され、変化していきます。ネット情報にしても新しさ等に
注意が必要です。独学する人たちは孤立しがちですからこの点で不利ですね
(一部の雑誌を購読している人もいますが、ここは通学講座や通信講座で
情報配信が得意なところに頼るほうが確実でしょう)。

※特に、メールマガジンや会員制のサイトを開いているところは、正しい情報を
すぐに送ってくれるため利用する価値があります。

>>この勉強法だと知識と時間がなくても社労士に合格できます。